ピヴォ使えるようになるかどうかで攻撃の幅は大きく変わってきます。初心者のチームでよく見るのが、真ん中のピヴォのポジシヨンに 1人が張りっぱなしでボールを待っているシーン。これでは相手もマークしやすいので、ピヴォの選手はボールをもらう前に逆の動き (フェイク)を入れるなどの工夫が必要です。ピヴォにボールを当てるコツは角度をつけることと、距離を広げることです。フィクソ:の選手から直接当てるのは コースが狭い上に読まれやすいので、 一度サイド:にパスを出して、ナナメの角度をつければ、カットされにくくなります。また 、ピヴォと味方の選手の距離が近くなると人が密集してパスが通りづらいので、ピヴォとの距離をある程度広げたほうがいいと思います。ピヴォに当てた後は必ず 1枚、できれば 2枚が走りこんで選択肢を増やしましょう。